臨床検査学科国家試験・資格取得


取得できる資格・受験資格

  • 臨床検査技師国家試験受験資格
    平成28年度卒業生の国家試験合格率
    受験者数: 49名  合格者数: 48名  合 格 率:98.0%
    臨床検査技師の 紹介ビデオはこちら をご覧ください。
  • 第一種衛生管理者(国家資格)
    労働者の健康障害の防止の管理をする。
  • 食品衛生管理者(国家資格)
    食品等の製造加工過程の管理をする。
  • 食品衛生監視員(任用資格)
    食品衛生上の危害を防止する監視員
  • 遺伝子分析科学認定士(初級)受験資格
    遺伝子分析科学分野における高度な専門知識および技術に対応できる遺伝子分析科学技術者
  • 中級バイオ技術者受験資格
    バイオテクノロジー技術、及び安全管理に関する知識を持ち、適切な指導者のもとでバイオテクノロジー技術に対応できる技術者

卒業後の進路

保健・医療分野へ

病院の医療専門職の中で、看護師、医師に次いで多い職種です。70~75%が総合病院、一般病院、大学病院の臨床検査部門に勤務しています。日常行われる検体検査も、検査センターに委託をして実施されることが多くなり、医療機関に次いで多い活躍の場となっています。保健所や行政など健康維持・増進のために行う各種検査を担うことはもちろん、感染症予防事業、健康増進事業、医療監視などに携わる可能性も広がっています。

医療関連企業へ

食品会社、試薬企業、検査機器メーカー、健康機器メーカー/販売会社でも臨床検査技師が求められています。他に薬品・食品・化粧品・環境・ヘルスケア関連企業で検査や治験(有効性の確認と安全性の評価)などに従事しています。

研究・教育分野へ

スキルアップのために大学院に進学することもできます。現在、国立大学20校を含む30校以上の大学で大学院教育が行われていて、社会人入学も含めて多くの学生が学んでいます。研究職や教員職を目指している人に最適です。 


卒業後の進路につきましては、就職・進路データをご覧ください。

学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL