ヘルスプロモーション整復学科国家試験・資格取得

活躍の場は多彩に広がる

受験資格が得られる資格

  • 柔道整復師国家資格
    柔道を起源に発展してきた日本の伝統民族医療で、骨折・脱臼(だっきゅう)・打撲(だぼく)・捻挫(ねんざ)や軟部組織損傷などの急性のケガの応急処置に対処できる。厚生労働大臣が指定する国家資格であり、開業権を有する。

      平成27年度卒業生の国家試験合格率
        受験者数: 30名  合格者数: 25名  合 格 率:83.3%

      柔道整復師についての 紹介ビデオはこちら をご覧ください。
  • 健康運動実践指導者 (3年修了時)
    (財)健康・体力づくり事業財団が認定する資格であり、健康づくりのための運動指導の知識・技能をもち、運動プログラムに基づいて運動の実践指導ができると認められる者に与えられる資格である。
  • 日本体育協会公認スポーツプログラマー
    (財)日本体育協会が認定する資格であり、主として青年期以降の全ての人に対し、地域スポーツクラブなどにおいて、フィットネスの維持や向上のための指導・助言を行う。
  • 日本トレーニング指導者協会(JATI)認定トレーニング指導者(3年修了時)
    日本トレーニング指導者協会(JATI)が認定する資格であり、対象や目的に応じて、科学的根拠に基づく適切な運動プログラムを作成・指導することができます。トレーニング指導の専門家として活動する基礎資格です。
  • 日本スポーツアロマトレーナー協会認定スポーツアロマトレーナー
    日本スポーツアロマトレーナー協会が認定する資格であり、スポーツに関わるすべての人々のために、スポーツアロマセラピーを活用しながら選手の競技能力向上、心身のケアを目的にサポートします。

単位取得により卒業時に認定される資格

  • 日本体育協会公認スポーツリーダー
    (財)日本体育協会が認定する資格であり、地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導や運営にあたることができます。

卒業後の進路

医療施設勤務

病院やクリニックなどの医療機関に勤務し、柔道整復治療と健康づくりに関する深い知識を生かしチーム医療に貢献していきます。

福祉施設、その他に勤務

フィットネスクラブをはじめ、学校や企業などの健康管理部門で活躍する道もあります。

独立開業

柔道整復師の国家資格を取得することで、接骨院(整骨院)の独立開業が可能、地域の保健医療に貢献できます。また、開業しながらスポーツのトレーナーとして、あるいはケアマネージャーとしての活躍も可能です。

卒業後の進路につきましては、就職・進路データをご覧ください。

学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL