保健看護学科助産師課程

助産師は、安心して出産を行えるように妊娠から産後の母子をケアし、女性の生涯にわたる健康を守る仕事をしています。助産師になるためには、看護師資格を取得(取得見込み)し、かつ助産師に必要な分野の科目を学び、国家試験に合格する必要があります。
本学科では平成26年入学生より、助産師のための教育課程を選択制でスタートします。ただし、保健師課程を選択した学生は助産師課程を選択することはできません。


人数 5名まで
選択時期 3年次後期
選択要件
  • 卒業後は助産師として母子保健に貢献したい者
  • 3年次修了時点の看護専門科目の成績の平均が70点以上の者
  • 成育看護学分野の「女性の健康と看護」「母性看護方法論Ⅰ・Ⅱ」「母性看護展開論」の成績がB以上の者
※選択の希望者が多い場合は、選考します。なお、課程費として30万円が必要です。
教育課程 助産師に必要な教育は、実習を含めて30単位の履修が必要です。このうち一部の科目は看護師の必修科目(7単位)と重なり、残りの23単位を履修することになります。1科目を除き4年次に履修します。この23単位の科目は次のとおりです。
助産学概論/助産診断・技術学Ⅰ/助産診断・技術学Ⅱ/助産診断・技術学Ⅲ/助産診断演習/助産技術演習/助産管理Ⅰ/助産管理Ⅱ/子育て支援論/助産学実習
助産学実習 実習目的は、妊婦・産婦・褥婦および新生児とその家族に対し、助産学の理論と助産診断を行いながら、助産過程を展開し、実践する能力を習得します。
実習時期:4年次の7月~10月
実習施設:りんくう総合医療センター、市立堺病院、谷口病院、大阪府立母子総合医療センターなど

学部・大学院FACULTY/GRADUATE SCHOOL