オープンキャンパス参加者からの質問

Q「東洋医学を看護に活用する」とはどういうことですか?

A

東洋医学は人間に本来備わっている自然治癒力を高め、疾病を回復させようとするものです。従って、最小限の治療で疾病を回復させるのですから、副作用も最小限に抑えることができるのです。
本学の保健看護学科では、看護の専門科目にくわえ他の大学ではあまりふれることのできない東洋医学のカリキュラムを用意しています。
その中の一つ、「看護にいかすツボ刺激」では、看護の現場でいかせる知識や技術を学びます。例えば、ストレスによる肩のこりや長時間臥床していることによって起こる腰痛などへの対処。看護師として安全にケアに取り入れることができる経穴(けいけつ:ツボ)の刺激法を学びます。
「看護にいかす東洋医学」では、病める人間を心身両面から支えていく知識と技術を学びます。例えば、マッサージやアロマなど補完・代替医療の専門知識と技術を、看護の現場で安全に行える方法なども学びます。その他「東洋思想」、「東洋医学と西洋医学」、「生薬と科学」などがあり、東洋医学の基本がしっかり学べるようになっています。


Q特待生制度について教えて下さい。

A

本学では、成績・人物ともに優秀な者に対しての学費減免制度を設けています。平成26年度から制度を大きく変更となり、採用者の幅が大きく拡大されます。各学科の入学定員の10%の人数を上限として一律40万円の授業料減免を行います。特待生は、各学科1名ずつを公募制推薦Ⅰ期の入学者から、その他は一般入試前期日程の合格者のうち上位20%に入った方から採用します。
また、選考対象となる試験区分以前の入試で合格された方でも特待生にチャレンジできる制度も用意しています。申し込みの方法等については、入学手続の際に通知します。)

  1年次 2年次以降
保健医療学部 学科ごとに
  • 各学科の入学定員の10%を上限として
    一律40万円を減免
学科ごとに
  • 一律40万円減免・・・3名
    (※学科ごとの採用)
保健看護学部
  • 各学科の入学定員の10%を上限として
    一律40万円を減免
  • 一律40万円減免・・・5名


Q保健師の仕事について教えて下さい。

A

保健師は、企業や保健所で集団検診や健康相談を行うとともに、妊産婦・乳幼児から高齢者までのすべての地域住民を対象に、健康的な生活を送れるように、一緒に考え援助していくのが仕事です。看護師が、すでに健康を損なっている病人やけが人の看護にあたることを中心業務としているのに対し、保健師は日常生活をしている人、自宅療養をしている人が健康に生活できるように、病気予防の立場からサポートすることに重点が置かれています。病院の入院期間短縮に伴い在宅で療養する患者さん・高齢者が増えたこと、特定検診・特定保健指導の実施が義務づけられたことなどに伴い、ますます保健師のニーズが高まっています。

活動場所と主な業務

活躍場所 主な業務
都道府県の保健所
市町村保健センター
自治体の保健課
健康相談、健康診断、乳幼児検診、訪問指導、勉強会・講習会の企画運営、医療・福祉機関との調整など
健康保険組合
企業の健康管理室
健康相談、健康診断、保健指導、講習会の企画運営、医療機関との調整など
地域包括支援センター
(市町村の委託を受け高齢者やその家族への介護予防や介護サービス支援と総合的な相談をする機関)
介護予防プラン作成、地域高齢者の福祉保健等に係る相談業務、介護サービス機関や医療・福祉機関との調整など


Q合格後の一次手続き締切と二次手続き締切について教えて下さい。

A

本学の入学手続きは、2段階で行っていただきます。試験区分ごとに定められた期日までに以下の手続きを行ってください。

1次手続き 入学金を納入
2次手続き 前期分授業料を納入
入学手続き書類を提出

(一般入試後期では合格発表と入学までの期間が短いため、1回での手続きとなります。)


Q入学金・授業料以外に必要な費用はどのくらいでしょう。

A

教科書代約5万円です。その他、学科によって必要なものがありますが、それを含めても10万円程度です。


Qクラブの活動状況などについて教えて下さい。

A

現在は文化系11クラブ、体育系17クラブです。文化系では、大学を象徴するような中医美容研究会、灸道部、トリガーポイントクラブ、アロマ倶楽部などがあります。参加する学生は真剣です。
体育系では特にサッカー部、バスケットボール部、フットサル部は地域リーグに参加するなど、活動は盛んです。部員は楽しみながら切磋琢磨しています。


Q私は現在高校2年生ですが、3年次では生物が選択できません。大学入学後、講義についていけるでしょうか。

A

本学では全学科共通の開講科目として、『科学的思考の基盤』のなかに、「生命のしくみ」「物質と自然のしくみ」「生命の化学」「情報科学」の4科目があり、ここから3科目を選択してもらうことになります。これはまさに生物、物理、化学の内容を含んでいるものですが、各科目とも基本事項に重点を置いた科目進行を行っていますから、心配しないで下さい。


Q奨学金制度について教えて下さい。

A

奨学金制度として日本学生支援機構、関西医療学園貸与奨学金等があります。これらの制度は学業、人物ともに優れかつ健康であって、経済的理由により就学が困難な者に貸与されるものです。

  1. 日本学生支援機構
    • 第一種奨学生(無利子) 貸与月額(平成25年度)
      自宅通学  54,000円
      自宅外通学 64,000円
    • 第二種奨学生(有利子) 貸与月額(平成25年度)
      3万円・5万円・8万円・10万円・12万円から自由に選択
  2. 関西医療学園貸与奨学金(無利子) 貸与月額 30,000円
    ※日本学生支援機構奨学金に出願し、推薦されなかった学生の中から採用されます。


オープンキャンパスOPEN CAMPUS