作業療法学科 作業療法学科

作業療法士は、「生きる」を科学する医療人。

基礎的な医療知識に総合学習と語学力をつけ幅広いフィールドで活躍するリハビリのプロを育成。

学科の特色

写真

"自分らしい暮らし"を取り戻す支援をする作業療法士の育成

顔を洗う、歯を磨く、食事を取るなど、自分自身のことを行う「セルフケア」、仕事をする、学ぶ、家事をするなど、日常生活の中での役割を行う「生産的活動」、趣味や好きな活動を楽しむ「余暇活動」、人の暮らしは様々な作業活動から成り立ちます。作業療法士は、疾患や障がいによりこれらの作業活動が困難となった方々の作業の取り戻しを支援します。身体機能や認知機能への評価、訓練とともに作業の分析と訓練、環境調整などが含まれます。


確かな専門技能と臨床能力をもった作業療法士の育成

1、2年次における基礎医学(解剖学、生理学、臨床医学など)、また、3、4年次での作業療法専門技能学修と多くの臨床実習体験を通じ、確かな臨床能力を持った作業療法士を育成します。共感をもって真摯に対象者と向き合い、より良い治療関係を結ぶことのできる豊かな感性を持った作業療法士を育成します。


学びのポイント

point1

写真
理論と技術で医療人としてのベースを形成

作業療法士として必要な医学の基礎知識を修得します。さらに、医療人として不可欠な教養を深めるリベラルアーツを重視しています。幅広い分野の知識、自ら考える力や社会性を養います。

point2

写真
現場を重視した学びで高い実践力を養う

本学では臨床現場で求められる実践力を重視しています。高度な基礎医学と基礎作業療法の理論をベースに国内の病院などの臨床現場で実習を行い、即戦力として活躍できる作業療法士の育成をめざします。

point3

写真
画期的な語学教育と海外研修

基礎的な会話や医療英語が身につく語学教育を実施。2年次には2週間の海外研修を通じて、諸外国のリハビリテーション病院での見学実習などを体験します。さらに「国際リハビリテーション学総論・各論」など、国際的な視野でリハビリや医療に触れる授業も設けています。

point4

写真
学習支援システムを導入し、国家試験に向けた徹底サポート

徹底したStudent Support Systemで、チーム医療の一員として実践に必要なコミュニケーション、医療技術能力の向上を教員がサポートします。また、国家試験学習支援システムも設けています。


学びのステップ

1年次

写真

作業療法を学ぶ上で必要な基礎医学の知識、また医療人に求められる素養やコミュニケーション力の修得をめざします。

2年次

写真

作業療法評価に関する知識と技術を学びます。また、海外留学プログラムを経験することにより、国際的な視野を広げます。

3年次

写真

演習や実習を通し、各領域の作業療法治療技術を学びます。また、現代医療に欠かせないチーム医療の実際についても体験します。

4年次

写真

3年間の学びで修得した知識と技術を統合し、学外での医療機関や施設での実習により、臨床家としての基本を修得します。また、国家試験に向けた学習をおこなっていきます。

臨地実習施設(予定)

大阪鉄道病院、NTT西日本大阪病院、喜馬病院、永山病院、岸和田平成病院、阪南市民病院、西和歌山病院、和歌山ろうさい病院、和歌山県立医科大学附属病院、名谷病院、ポートアイランド病院、田辺中央病院、田辺記念病院、六地蔵総合病院、訪問看護ステーションリハステージ、リビングケア訪問看護ステーション大阪、介護老人保健施設ライフケアながやま、介護老人保健施設メデケアタマイ、神明病院通所リハビリテーション、介護老人保健施設ローズ、七山病院、阪南病院、木島病院、明石土山病院、大村病院、秋津鴻池病院、大阪整肢学院、児童デイサービスたくみ  など

教員メッセージ

写真

     学科長(就任予定)  岩井 和子 教授

作業を営むことは暮らしを紡ぐこと、
確かな臨床技術と豊かな人間性を育む。

大学で学ぶ、仕事をする、家事をする、趣味をもつ...人の営みは、全て人が作業することから成り立ちます。そして、これらの作業は"その人らしい暮らし"と"健康"を作り上げています。それゆえ、疾病や障がいによって起こる様々な作業機能障害に対応する作業療法士には、作業と健康に関する確かな知識と臨床技術、また、人を見つめる豊かな人間性が求められます。
本学科では学生、教員が協働し、確かな臨床技術と豊かな人間性をもった作業療法士の輩出と、作業療法学を学ぶ過程で、自分自身のライフにも思いをよせ、学び、考え、体験する豊かな大学生活をめざします。